So-net無料ブログ作成
葦毛湿原 ブログトップ

シラタマホシクサ [葦毛湿原]

こんばんゎ。

明日から、爆発しますw

湧水で鉄分が多く、酸性の湿地の日当たりのよい場所に生育する無茎の1年草。花茎は直立で4~5個あり、高いものは20-40cm。4肋で少しねじれている。頭花は径6-8mmの球形で、基部はややへこみ全体に白色の短毛が密生して白い球に見えるので。この名がある(別名;コンペイトウソウ)。花は単性花で、雄花(多数)と雌花(小数)が混生する。花期;8-9月。分布は伊勢湾・三河湾に面する愛知県・三重県の一部・静岡県西部のみに生育し、他では見られない。

キセルアザミとのコラボ。

 

葦毛湿原便りはまた来月~♪


nice!(6)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

イワショウブ [葦毛湿原]

こんばんわんこw

もうちょっと続くよ初秋の葦毛湿原。 ピンボケしてるのはゆるちてんw

根生葉は線形で長さ10~40cm。花茎は高さ20~40cm、白色~淡紅色の花を総状につける。花被片は長楕円形で長さ5~7㎜。花序や花柄などに腺毛があり粘る。花は1節に3個つく。
低山帯~高山帯の湿地や湿原に生える多年草。氷河期の遺存植物といわれ、寒冷な氷河期などに分布していた植物がその後の温暖化によっても生き残ったものと思われる。


nice!(5)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

サワヒヨドリ [葦毛湿原]

どぉもぉ~あだぐじ、あき竹城ことhiroで~すw

それではどうぞ~w

山地や、原野に多いキク科の多年草で秋、茎の頂きに集散花序となって多数の小頭花をつける。 頭花は、白色あるいは淡紅色で、少数の筒状花からなる。
和名は、「沢に生じるヒヨドリバナ」の意味である。


nice!(8)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

ワレモコウ [葦毛湿原]

どもどもぉ。こちらも細かい系w

名前はキク科のモッコウ(木香)からだそうで、モッコウは根に芳香があり、バラ科のワレモコウは葉にスイカのような匂いがするそうです。

学名のSanguisorbaは、ラテン語で「血」と「吸う」を意味する言葉を組み合わせたもので、古くから止血薬として用いられたことから、その名が付けられました。

花言葉は、「感謝」、「変化」、「愛慕」。


nice!(5)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

キセルアザミ(マアザミ) [葦毛湿原]

こんにちぁ。

まだまだ暑いですが、咲いているお花の種類はだいぶ変わりました。

マアザミの蕾&お花。三枚目の画像も同じ種類でしょうか?詳しい方教えてくださいませませ。

本州、四国、九州に分布する多年生草本で、湿原の水の流れがあるような場所に生育する。葉は根生葉のみで、ロゼット状に広がった中央から、9~10月に花茎を伸ばして花を付ける。花は横向きから下向きに咲き、その状況を煙草を吸うキセルに見立て、キセルアザミの名がある。マアザミという別名があるが、若い葉を食用にすることから真のアザミという意味だそうです。


nice!(5)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

サギソウ [葦毛湿原]

白鷺は飛んでゆく。自然の不思議。

花言葉は、芯の強さ・発展・夢でもあなたを思う。

オマケでとんぼくん。おっきかったw

いもう湿原シリーズはこれにてお休み~。またの機会にw


ノリウツギ [葦毛湿原]

アジサイの仲間で、樹皮の内皮をはいで水につけ粘液を出させて、それを和紙を漉(す)くときの糊として使ったことが名前の由来だそうです。

花言葉は、臨機応変。


ミズギク [葦毛湿原]

直径3cmくらいの小さな花ですが、その黄色はひまわりに負けないくらい鮮やかでした。


サワシロギク [葦毛湿原]

可憐です。次第に赤みを帯びるそうです。

 

地元の葦毛湿原に涼を(ネタかもw)求めて行って来ました。

少しずつUPしていきますね。w


葦毛湿原 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。